ひよこタジの自然な吹き出し

生活がおぼつかない人間の日記です。

体調不良は冬のせいだったのか?-2022/03/01

2月下旬ごろ、数日間体調を崩していた。食欲がなくなり、あまり食事がとれなくなり、そのせいか低血圧になり(貧血かもしれない)気を失いかけたりしていた。めまいや吐き気がひどく、歩くのもつらい状況だった。

もともと私は胃腸に持病があるので、胸焼けや便秘、下痢などはよく起こる。でも今回ほど食欲がなくなることはなかった。まともに食べられたのはゼリーくらいで、しょっぱいものを食べるとオエッとなってしまうのだ。低血圧で意識が飛びかけるのも数年ぶりで、正直びっくりした。

幸い何日か胃に優しいものを食べて横になっていたら回復したんだけど、あれはなんだったんだろうか?自律神経がおかしくなっていたのか?

 

ここ2~3日、凄く気温が上がって一気に春めいてきている。よく眠れているし、朝も適度に起きられているし、食欲もあって体調がいい。生理前なのに気分もいい。冬の間は結構な鬱っぽさと体調不良に悩まされていて、上に書いたようにかなり生活に支障が出ていたので、ギャップに驚いている。コロナ禍であまりガンガン外出する気にもならないけど、少し散歩も兼ねて外に出たいなと思った。

体調不良は冬のせい……という部分も結構あったのかもしれない。冬のせい+テレワークの引きこもり生活で殆ど日の光を浴びていなかったのも大きいのかな。

 

ブログも書こう書こうと思っていたけど、毎回「体調が悪いです」という記事になるのもどうなの?と思い書かずにいたら間が空いてしまった。でも結局これも体調が悪かった報告なので同じでは?まぁ急に元気になった感じになるのも不思議なので、区切り的に1記事くらいはいいかなと思う。これで体調が最悪になってまた「体調が悪くなりました」的な記事になったら嫌だな。

軽く更新していきたいので、これくらいで終わります。

怒りを受け入れられなくなっている-2022/2/8

心身ともにあまり良くない感じ

最近結構体調を崩していて意欲とかあんまりなくて結構まずい感じになっている。

1月下旬の記事で書いたように起き上がれなかったり、意欲がなくなって何もできなくなっている。最低限の家事ができているだけマシかもしれないけど。

 

改善できるのか

しんどい理由は色々思い当たるけど、それを深追いするのもちょっとしんどい。どれも自分の力で改善するにもエネルギーがいるというか、エネルギーがあったとしてもすぐ解決するのは難しそう。具体的な外的要因が思い当たれば多少は違うんだろうな。

 

他人の怒りを受け入れられなくなっている

昨日はInstagramを見ていて、とある企業に対する抗議運動の投稿を見て泣いてしまった。社会を良い方に向けようとしての行動だろうし、その行動が自分に向けられている訳でもないんだから私が泣く理由は無いんだけど、そこに込められている強い怒りの感情とそれに伴う行動というのが可視化されていることに耐えられなくなってしまった。

怒りが苦手なのは育った環境的なものもあるかもしれない。

私の父は「自分が正しい」という理屈で店員さんなどを怒鳴りつける人だ。レジ打ちが遅いとか、違う料理が運ばれてきたとかの店員の不手際があった(と父が感じた)らとにかく怒鳴りつける。父からしたら「苦情を伝えて改善させることは良いことだ」という認識だという。

私はそんな様子を実家を出るまでの20年ほど見続けてきて、その度に苦痛を感じていた。父からしたら正当な主張なんだろうけど、怒鳴るほどのこととは思えなかったし、誰かが怒鳴られているのを見続けるのはつらかった。そんなこともあって他人のむき出しの怒りみたいなものに触れるとフラッシュバックが起こったりする。

父が店員さんに怒鳴っていたことと、上の方に書いた企業に対する怒り(SNSを使った抗議運動)が全然違うというのは理屈ではわかっている。一緒にするつもりはない。それはそうなんだけど、とにかく「他人が何かに対して怒っている」というのを見るとかなり精神が消耗してしまう。流石に泣くほどのことはあまりないけど、昨日はそれで1時間くらい泣いてしまった。最近Twitterは見る機会をかなり減らしているけど、それでも怒りの感情が入ったツイートを見る機会はまだあって、そのへんも蓄積していたのかもしれない。

正直他人のインスタの投稿(しかも自分に直接は関係のない内容)を見て泣くほど元気が無いとは思っていなかった。他人の感情に影響を受けやすくなっているのかもしれない。Twitter見るの減らすぞとか言っていたけど、こんなに影響を受けるなら本当に減らさないとまずいと思う。Twitterだけじゃなくて、他のSNS全般とか、ニュースとか、その辺のものも見ないほうが良さそう。時間をつぶす方法はいくらでもあるんだけど、映画を見たりゲームをするよりSNSを見てるほうが楽でつい見てしまう。置いてかれる不安みたいなのもあるけど、多少情報を得られたからってデメリットが大きすぎる。

SNSはザッと流し見する程度にして、本とか映画とかゲームとかに触れるようにしたい。やり始めるのは気合がいるけど、多分そっちの方が精神的には負担が少ないと思う。元気は無いけどSNS見て余計元気を無くしても仕方ないし、起き上がれなくなる時間が増えるだけだし。頭では分かっているけど実践できるかどうか自信はない。

「やっぱりね、どうせ○○だと思ってた」の話-2022/1/31

私が言わないようにしていることがある。「どうせ〇〇だと思ってた。」「○○な奴だと前から思ってたけどやっぱりね」といったニュアンスのことだ。

 

最近、高級食パン専門店が閉店しているというニュースにTwitterでコメントしている人を何人か見た。見ているアカウントをかなり絞っている私にも流れてくるのだから、ある程度の人数が言及しているんだと思う。私が見た範囲の話だけど、ざっくりまとめると「やっぱりね。前からつぶれると思ってた。」みたいな感じの内容だった。乱立していたタピオカ店が閉店しているというニュースのときにもよく見た感じのツイートだなと思った。*1

私は「やっぱりね。」みたいなコメントを見ると悲しくなる。特に食品は好みが分かれるものだし、別に「批判するな!」ということではない。「どうせ○○だと思ってた」から優越感を感じるからだ。

 

これはある芸能人を応援していて、その人に良くない疑惑が出た際にもよく聞いた。「私はやりそうだなと思ってた。Aのファンは分かってなかったなんて程度が低すぎ。B(その人の推し)は絶対こんなことしないって分かってるから推してる。」みたいなツイートを本当によく見た。これも「不祥事を起こさない(はずの)自分の推し>不祥事を起こした他人の推し」、そして「不祥事を起こすであろうことを予測できていた自分」という優越感があるんだろうなあと思う。ちょっと強い言い方をすると、要は「そんな程度の低いもの」を好きな他人を見下したいんだなと思った。

 

正直言うと何かに対して「やっぱりね」と思うことはゼロではない。私も自分が好まないものがチヤホヤされていて、理解できないときは「何でこんな物が」と思ったりするし、それに何かマイナスなことが起きれば「やっぱりおかしいと思ってた」と思うことはある。

でも何かを思うのと、それを誰かに言うのは大きな隔たりがあると思う。直接凄く気の合う友人に言うとしても、その友人がそれに対してどういう印象を持っているか確信が持てないと怖くて言えなかったりする。「あれ最悪だよね、私前から怪しいと思ってたんだけど」なんていきなり言って話した相手が大ファンだったりしたらかなり大変なことになるというか、凄く傷つけてしまうことになる。

それに比べるとネットだとその辺気軽に言えてしまうし、「やっぱりね」は共感してもらえると凄く嬉しいので、言いがちになるというのは凄く分かる。他人の行動なんて変えられないし変えるような権利は私にはないけど、自分は言わないぞと決めるくらいはいいかなと思う。

 

こういうことを考えていると本当に私は潔癖症というか許容範囲が狭いなと思う。もっと他人の言動に一々引っかからないようになりたい。こうしてブログに書いているのも、一度書いて自分の頭から追い出したいというのがある。多分これをTwitterに書いていたらやめ時が無くなっていたと思うので、ブログを始めて良かった。

 

*1:ちなみに私はタピオカも、高級食パンも好きだ。高いなとかその辺は思うしどんな店のものでもいいとは思わないけど、甘くて美味しいし食感も面白い。今も好きだしたまに買って食べる。だから閉店していることに対しての「やっぱりね」に対して引っかかったというのはあるかもしれない。

集中しようとしすぎないのが良い-2022/1/28

テレワーク再開したけど割と集中できている

しばらく出社していたが、コロナ対策でテレワークを再開している。

前回テレワークをしていたときは集中が難しい性質のせいか合わない点が多く、非常に苦労した。しかし今回は前より苦労がないように感じる。なぜだろう。今やっている仕事自体が集中しやすい作業だとか、ニュースを見すぎないようにしているとか、その辺もあるかもしれない。

 

無理に集中しようとしすぎないのが良い

最近編み出した集中のコツは、集中のハードルというか目標を高くしすぎないことだ。ADHD傾向のせいか集中力にかなりムラがあるし、先延ばしグセで何かに取り掛かることすらしんどいことが多い。集中できないとき、つい最近まで「集中できる環境音」みたいなのを聞いて集中力を高めようとしてみたりラジオを聞いてみたりしていたけど、どうしてもうまく行かなかった。

そんなとき、どうせ集中できないしと思って動画を見るようにしてみた。YouTubeだったりアマプラだったりNetflixだったりそのへんの動画をピクチャーインピクチャーで画面端に置いておく。*1

小窓をチラチラ見ながらの作業になるので集中できないだろうと思っていたけど、やってみると意外と良い。

まず先延ばしグセが軽減されている気がする。動画を見つつ「ちょっと始めてみよう」くらいの気持ちで仕事に取り掛かれている。よーし全力で集中するぞ!という気持ちを持たないことで気軽にやれるのかもしれない。

それに加え、1つの集中が長くなっているような気もする。以前集中するためにポモドーロ・テクニックを使っていたことがあったんだけど、休憩が強制的に入ることで「作業→休憩→作業→休憩→休憩→休憩(以下しばらく休憩)」みたいな、集中できるどころか休憩が多くなるという最悪の効果が出てしまっていた。だが小窓で何か流しながらだとなぜか集中が途切れることなく作業をすることができている。ずっとゆるい集中状態なのか、意識が半分くらい動画に行っているのか分からないけど何もしないでいるよりは良い。少なくとも「ずっとサボってしまって罪悪感でいっぱい」みたいな状態は免れている。

 

しかし昼に起きる

そんなこともあって「最近いいぞ!」と思っているけど、致命的な点もあって、それは昼に起きているということだ。12時だったらいいけど13時に起きていることもある。寝落ちすることは減っているけど、2時に寝て9時に目覚ましをかけてスヌーズを止めながら12時まで二度寝をしている。10時間も寝ているじゃないか。これ自体はいいことだ。

出社がなくなって起きてすぐ仕事が始められるからか、起きようという気が全くわかない。たくさん寝ているし、昼に起きても遅くまで仕事をすればいいから罪悪感がないので直す必要もないかもしれない。遅くまで仕事をしたって帰り道に人がいなくて淋しげだなとかそういうのもないし、これでもいいんだが……。

これでもいいんだが、年始に立てた目標を1月も経たずに諦めていいのか?もうちょっと頑張ったらどうだ。とりあえず今日の夕飯を食べ終わったのは23:30だし、寝るまで4時間空けないといけないし(流石に今日は3時間くらいで寝たいが)、今日から!というのは難しいけど明日から土日なのでなんとか矯正したい。

 

*1:ちなみに裁量労働ということもあり、成果さえ出せれば何か見たり聞きながら作業するのはOKな職場です

ちょっとしたことで気分は台無しになる-2022/1/25

今日は一日何事もなく過ぎ、仕事も程々に行えたので良い一日だなと思っていた。

仕事を終え、夕食を済ませたのでゴミ出しに行った。アパートの外の指定の場所に置きに行くだけなのだが、テレワークでほぼ一日歩いていないので少し家の外を散歩した。私の住むアパートの周りには一方通行の道路が多くある。昼間も夜もほぼ人通りは無いし、車もほとんど通らない。

そんな道を歩いていた。後ろから車のエンジン音が聞こえたので、邪魔にならないよう歩道の隅を歩いた。ただ、電柱を避けたり、歩道に置かれているものを避けつつ歩く。そんな感じで歩いていたところ、クラクションを鳴らされた。私は歩道を歩いているし、私が電柱を避けて歩いていたとしても車が通れるだけのスペースは十分ある。この状況でクラクションを鳴らすということは、私が歩いていると邪魔だということだろう。その車は私を避けた後ものすごいスピードを出して走っていったので、歩行者がいるとスピード出せないだろうが!ということかもしれない。

とにかく歩道を普通に歩いていたら車にクラクションを鳴らされたのだが、これによって信じられないほど気分を害している。物凄くイライラして周囲のものを全部破壊したいほど怒っている。クラクションを鳴らした側からしたら「チッ何チンタラ歩いてんだよ、追い越せねーから止まらせよ(プップー)」くらいのことだろうし、なんなら息を吸うように歩行者にクラクションを鳴らす人かもしれない。つまり何にも思ってないはずなのだ。なんならクラクションを鳴らしてスッキリしているかもしれない。

ただ私はクラクションを鳴らされただけで、何事もなく過ぎた良い一日が台無しになるほど最悪の気分になっている。これってなんだか釣り合わないのではないか。向こうの何の気なしのクラクションと、それを受けた私の不快感が全く釣り合わない。

こんなことが前にもいくつもあった。最近はめったに無いけど、高校生だったときはただ道を歩いていただけでいきなり怒鳴られることがあった。駅で向こうから体をぶつけられ舌打ちされることもあった。とにかく理不尽な怒りや強い行為を向けられるととにかく不愉快だ。こんなときも向こうは「ただイライラした」「若い人間に怒鳴りたかった」とかそんな理由だったかもしれないけど、10年以上経っても覚えていることを考えると、気持ちが釣り合っていないのではないか?

普通に歩道を歩いていたら車にクラクションを鳴らされた。それに理不尽だとムカついた。それだけの話しだけど、こんなつまらないことで一日は台無しになる。こういうとき、「あの道を歩いていなければ」「もう1分遅く家を出ていたら」「車の気配を察知した時点で歩道の更に内側(マンションの敷地内など)に避け、車を通すべきだった?」など色々考える。この不快な気持ちは避けられるものだったのではないかとつい考えてしまうけど、私が悪いことをしたとは思えない。ただ歩道を歩いていただけだ。

今日は22時頃ゴミ捨てに行ったので、もう1時間もこうしてモヤモヤしている。本当はゴミ出し後すぐ運動をするつもりだったけど、どうしても怒りが収まらずブログを書いた。こんなことイライラしつつも寝てしまえば気持ちは収まるかもしれないし、ブログの記事として残すことで見直した際更にイライラするかもしれない。ただこの「やった側は大したつもりじゃないし気にもとめてないけど、やられた側は傷つく」みたいなことがどうしても理不尽で嫌な気持ちになる。そしてこんなことで1時間も無駄にしたことに対しても嫌になる。

これから運動をして寝る。何かゲームをするのもいいかもしれない。なんだかすごく疲れた。台無しになった気分をどうにか戻さないといけない。

やっぱり大吉は嬉しい-2022/1/24

おみくじで大吉が出た

ここ数週間、コロナの流行状況もあまり良くないので土日は徒歩圏内の散歩と買い出しくらいでしか外に出ていない。先週土曜日も特にやることがなかったので、近所のお寺近辺の散歩をしていた。お参りをしたりなんだりしていたところ、おみくじが目に入った。そういえば昨年末もここでおみくじを引いて、凶が出たんだった。

前回引いてから1ヶ月くらいしか経ってないけど、まあ年明けは引くタイミングとしては良いだろう。お寺に行く道で「凶だったけど次引いて大吉だったらいいなあ」と思っていた。引いてみたところ、先に裏側に載っていた英語版のExcellentみたいな文字が見えたので「もしかして……?」と思ったら本当に大吉だった。

おみくじを物凄く信じているというわけではないんだけど、凶が出ると落ち込むし大吉が出ると嬉しい。聞いているラジオで先日おみくじの話題が出ていて、「判断の後押しをしてもらえる」みたいな話になっていたけど、そうだなあと思った。凶だって嫌ではあるけど、「元気がなくて何もしたくない……」みたいな時に凶が出ると「何もするな」みたいなことが書いてあるのでちょっとホッとしたりもする。

占いとかくじとか色々あるけど、個人的には自分の手が入るというか、介入する余地があるものが好きだ。タロットとかくじみたいに「自分が引く」という工程があると、自分で選んだ運命感があっていい。

 

昼間になにもできない

土日は基本的に昼間なにもできない。特に午前中~14時くらいまでは大体空腹のまま横になっている。以前は土曜は出掛けたり外出の用事を済ませ、日曜は午前中に起きて昼前には食料の買い出しに行き、午後早めの時間帯には平日食べる分のおかずの作り置きをしていた。

最近は土曜はずっと横になっていてたまに散歩をする程度、日曜は14時頃まで横になっており、それから買い出し、料理は21時頃からしている。横になっていて何か映画とかドラマとか見ていればいいのにそれもできない。スマホをぼんやり見たりもするけど、見たいものもだんだん無くなってきて、ただ画面をスワイプしてるだけのときもある。そうしてるとウトウトしてくるので、昼寝して時間をつぶしている。客観的に見ると結構怖いかもしれない。

これは土日だけではなく平日もそうだ。平日、朝起きても2時間位はただ横になっている。とにかくエネルギーがない。夜(21時以降)はわりと元気がいいので運動したりして、例によってそのまま寝落ちしたりしている。どうにか元気の具合を平均化したい。昼間寝てるのも、別に体が疲れているわけではないからあんまり気持ちよくもない。夜ばっかり疲れて寝落ちするのも睡眠の質的にどうよと思う。髪が濡れた状態で寝たり、明かりを全部つけたままベッドの隅で丸まって寝ていたりするのってどう考えても熟睡できていない(ベッドの上に物が散乱しているので足を伸ばして寝られない)。

前も書いたけど、こんなにも何も出来ないのは初めてだ。平日は仕事があって助かっている。それでも出社時間の縛りがないから午後に出社する生活が出来ているだけで、本当は午前中から活動できたらいいなと思っている。

 

テレワーク開始

今日からテレワークだ。色々細かい理由はあるけど、コロナの感染のリスクを下げたいなと思ってテレワークを始めた。

ワンルームマンションに住んでいるので、常にベッドが目に入るような状態で生活している。出勤しているときはベッドがグチャグチャでもそんなに気にならなかったけど、ずっと家にいると流石に気になる。ということで今日からベッドだけは起床後きれいに整えることにした。別にテレワークじゃなくてもきれいに整えたほうが気持ちはいいだろうし、夜寝落ちするにしても足くらいは伸ばせるようになるだろう。

ワンルームマンションでテレワークをするには、気持ちの切り替えをなんとかしないといけない。これは一昨年~昨年テレワークをしていてずっと課題だった。ADHD傾向のある人にとってテレワークは向いているんだろうか?というのはよく考える。他人や環境によって気が散ることは少ないだろうけど、私は一人でいたほうが圧倒的に集中力がなくなるので、かなり厳しかった。

この辺の話はかなり長くなりそうなので別の記事でまとめて書こうかな。明日あたりに書いてみようと思います。

寝る4時間前までに夕食を-2022/1/17

昨日も寝落ちしてしまった。部屋着のまま風呂にも入らず部屋の明かりも付きっぱなし、布団の上に置いてあった洗濯物の上で寝落ちしていた。こんな感じの生活が年明けから続いている。

胃液が逆流しています

もう一つ年明けから続いているのが、胃液の逆流だ。正確に言うと10年以上前から逆流性食道炎の症状があり、数年前過労死ラインまで働いていたときに悪化した。ずっと胃もたれや喉の痛みなどの症状はあったのだが、ここ1~2周間は特にひどく、朝に胃液でむせるほど逆流していた。

毎月通院して胃腸の薬を貰っていて、今日がその通院日だった。上にも書いた働きすぎの頃に過敏性大腸炎逆流性食道炎が悪化し通院を続けている。病院はコロナの流行で受診控えがあるのかわからないが、妙に空いていた。

胃液の逆流が酷いという話を担当医に伝えたところ、薬は最大量処方してるしなあ……ということだった。最大量処方されていたというのを初めて知った。忘れていただけかもしれないけど。最大量でもこんなに胃酸が出るのか。薬が足せないとなると生活習慣の改善しかないらしい。正直思い当たる節はありすぎる。昨日も寝る1時間前にケーキを食べた。それを伝えたら医師は「あ~あ」みたいな感じで笑っていた。

生活習慣の改善ということで医師が言うには、寝る4時間前までに食事を終える必要があるらしい。4時間?!よくネットで「寝る3時間前」と書かれているのを見るけど、4時間?!まあそもそも胃腸に問題がある身なので、一般的な人より早めに食べ終えている必要があるのかもしれない。

寝る4時間前というと、25時に寝る場合21時頃には食べ終えている必要がある。21時以降固形物を食べないなんて、まるで健康診断の前日じゃないか!カフェインも胃には刺激になるので、水か麦茶なら飲んでいいらしい。ますます健康診断の前日だ。健康診断の前日みたいな生活を毎日続けろというのか。無理に決まっているだろ。……と思ったけど、胃液が逆流して起こる様々な不快な症状のことを考えるとやった方が良いよなあと思う。

なぜ寝る直前に食事を摂ると胃液が逆流するのか、かなり細かく説明してくれた。とにかく胃は消化するときに胃酸を出すわけで、バリバリ消化している真っ最中に横になると、起きるときグワーッと逆流してくるらしい。寝ている間は寝ているので逆流に気づかないらしい。恐ろしい。

こうなるといよいよ生活を改善するしかなくなる。21時に夕飯といっても大体退社時間が21~22時なのでそもそも無理がある。別に寝る時間を後ろ倒しにすればいいだけじゃんとも言えるんだけど、それで就寝時間が朝方になるのはあんまりよくない気はする。

ということで、明日からは朝早めに起き、早めに仕事を始めて終え、21時くらいには夕飯を食べ、25時には寝るという感じでいこうと思う。昨日も書いたけど生活がメチャクチャなので、ついでにその辺も改善されるといいんだけど、どうなるだろう。